SANAGI

※在職企業とは関係のない個人のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「選んでもらう」シゴトの進め方

Aさんのデザイン提案
10案(とはいえ、コンセプト的には4案位で、残りは色やフォントのアレンジ)

B社のデザイン提案
2案(とはいえ、1案っぽい、、)

デザインは目に見えないとイメージしにくいし、
ほしいものを伝えにくい。

そんなとき、10個ポーンと投げられると、
こことここを取ってとか、希望を伝えやすいし、
上司も選んでくれる(彼の希望もつかみやすくなる)のだ。

1個、2個しかないと、ここは違うとか、もっと○○(あいまいな)な感じとなって、
次の修正も、なーんかちがうとなりかねないのだ。

Aの一押しと、Bの一押しで、実はBの一押しの方が
よかったとしても、進め方で、けっこうコトの運びが違ってくるなぁと思った出来事。

さすが、Aさん。うまーい!
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。