SANAGI

※在職企業とは関係のない個人のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう香山リカ本を買ってしまった

先週は、仕事で気疲れする場面が多く、、

ウX-クデイに、おひるに、頭を休めようと書店へ。Domani でも買おうと思ったけど、

イマイチ買う気になれず、最近たくさんでてる勝間本も買う気になれず、

香山リカ本を買ってしまった。

なんか自分みたいな発言が多く、笑えた。

■章立て

私的には、仕事と子どもにしがみつかない 章が、ぐっときたが、

恋愛の章がさいしょに来てるあたり、購買ターゲットは仕事を持つ20歳代後半かと思ったりして、。

でも、「結婚にしがみつかない」章がないのは、何か意味があるんだろうかと思ったりして。

あと、見出し付けが上手!「結婚・出産を経たほうが人間的深みが出る?」なんて、

そりゃ、結婚や出産をしていない人にはぐっとくるさー!!

「勝間和代を目指さない」の部分は、なんかあたりにも正論で、

あまりココロには響かなかった。ただ、売れる本作りとしては、正解ですが!

■勝間本との違いなど

確かに「いままでのままでいいじゃん」って言うメッセージは、疲れてるときは癒されるけど、

インディペンデントでいこうでの「年収600万円を目指せ」や「女性はきれいなほうが得」という、方が現実的で

かつ今までのタブーにふれている部分があるから、なんか納得がいくし、よんでいて気持ちがいい

■感想

とはいえ、「あなたからみて、この人になら生まれた意味、生きる価値がある人間があるのは誰?」という質問に、

シングル女性の多くが「それは結婚して夫に必要とされ、子どもに必要とされている女性」応えているのには、安心した。

また、それへの返答して、香山さんは「出産には女性は必要だったとしても、夫から子どもに本当に必要とされているのでしょう

か」という問を返していた。それを効いて、家政婦的な部分では必要だとしても、そうじゃない人もいるんではないかと思えるように

はなりました。 出産を経験している人も、出産の経験なく仕事ばかりしている人も、人の深みの上下なんて、その人それぞれなんだろうと

と、ホーンの少し思えました。

眠くなったので、変な文章になっちゃたけどー!

 

 

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。